Twitterで「100%身バレしない方法」を徹底調査|2020年版

TWITTERの写真

どうも、ナラコウタ(@NaraKota)です。

これまでTwitterは身バレが怖くて躊躇していたのだけど、思い切って始めてみた。

ナラコウタ

僕以外にも「興味があるけど特定されそうで怖い・・。」なんて方は多いんじゃないだろうか。

今回の身バレににビビりまくってる僕が本気で「Twitterの身バレ防止対策」についてまとめてみた。ぜひ参考にしてほしい。

なぜTwitterで「身バレ」するの?

公式HPによるとTwitterは「知り合いと繋がること」を前提としたツールだという。

Twitterでは多くの場合、以前からの知り合いとのつながりが主になります。Twitterはこのような人たちとつながりやすくするため、メールアドレスや携帯電話番号などの情報を使って、他のアカウントがあなたのアカウントを見つけられるようにしています。

引用:Twitter(メールと電話番号の「見つけやすさ」のプライバシー設定について)

ナラコウタ

だけどTwitter利用者の80%以上が匿名なんだから、もっと身バレ防止にチカラ入れろよバカ野郎。

引用の通り、基本的に「メールアドレス」と「携帯電話番号」で知り合いと繋がってしまうシステムになっている。

実際のところ、Twitterアカウントが知り合いに通知されたからといって、本名までバレるわけではないのだが・・身バレした人も相当数いるようだ。しっかりと対策していこう。

Twitterで「身バレ」を防ぐ6つの方法

ナラコウタ

これからTwitterを始める人は、PC上で登録、設定を行おう。
PCならアドレス帳やGPSシステムが無いので、不用意に同期したり、知人に通知されたりする心配がない。

以下の操作は基本的にPCで行おう。

対策1:「アカウント名は身バレしないもの」を設定する

アカウント名はアナタを連想しないものを設定しよう。のちほど変更することが可能だ。

対策2:「エリア」を設定しない

「エリア」は設定しない。全く違う住所であれば特定されないのでOKだ。

対策3:「メールアドレス・電話番号」から検索されない設定をする

TWITTERの設定’(見つけやすさ)の画像

ナラコウタ

身バレ防止において最も重要な設定だ。なぜか最初からONになっているので注意しよう。

上記がONの状態で、スマホから「電話帳をTwitterにアップロード」すると、同じくアドレス帳をアップロードしている知人と紐づけられて通知されるわけだ・・。

こうしたミスを防ぐためにも、最初はPCから設定することをお勧めしている。

設定方法

PCで設定してください。

STEP.1
ログイン」する
STEP.2
もっと見る」をクリック
STEP.3
設定とプライバシー」をタップ
STEP.4
プライバシーとセキュリティ」をクリック
STEP.5
見つけやすさと連絡先」をクリック
STEP.6
あなたのメールアドレスを連絡先に保存している利用者がTwitter上であなたを見つけ、つながれるようにします。」のチェックを外す
STEP.7
あなたの電話番号を連絡先に保存している利用者がTwitter上であなたを見つけ、つながれるようにします。」のチェックを外す
MEMO
初期状態では連絡先のアップロードはされていないので心配はない。詳しくは「Twitterヘルプセンター」をご覧ください。
MEMO
上記を設定しておけば、2段階認証で電話番号を求められても自分の電話番号が流出することがないので安心だ。

対策4:「位置情報」をOFFにする

ナラコウタ

ツイートした位置情報(GPS)が表示されるとか・・怖すぎだろ・・家だったらどうすんだ。

どうやら利用率の低さから、廃止されたらしい。しかし未だにに設定項目が残っているので、一応知識としてココも押さえておこう。

スマホからのTweetに関しても初期ではOFFになっているので設定する必要はない。

位置情報をOFFにする手順

PCで設定してください。

STEP.1
ログイン」する
STEP.2
もっと見る」をクリック
STEP.3
設定とプライバシー」をクリック
STEP.4
プライバシーとセキュリティ」をクリック
STEP.5
位置情報」から「ツイートに位置情報を追加する」のチェックを外す

対策5:「画像のタグ付け」をOFFにする

Twitterの設定(自分を画像にタグ付け)の画像

「タグ付け」とはユーザーが写真をUPする際に「一緒に映っているのは〇〇さんです。」とアカウントを紹介する機能。するとフォロワーは「へー。AさんとBさんは知り合いなんだ~。」といった新たな発見につながるわけだ。

ナラコウタ

こんな機能はいらねぇ。迷惑なだけ。
設定方法

PCで設定してください。

STEP.1
 
STEP.2
もっと見る」をクリック
STEP.3
設定とプライバシー」をクリック
STEP.4
プライバシーとセキュリティ」をクリック
STEP.5
自分を画像にタグ付けすることを許可」をOFFにする

対策6:「特徴的な写真」に気を付ける

写真に特定される因子がないか注意しよう。

過去のトラブルでは、瞳に映る風景から本人の住所が特定されたという事例もある。特徴的な壁紙、テーブル、アクセサリー、持ち物などが絶対に映らないように。

ナラコウタ

俺は近所のラーメンも定食屋も絶対にUPしない。OKなのは県外かファミレスだけ。

一般的な撮影は背景を「白い壁」など、普遍的なものを利用しよう。

対策6-1:EXIF情報を設定しておくと安心

ナラコウタ

僕は「EXIF情報」も確実に設定しているよ。

「Exif情報」とはデジタルカメラで撮影された際の「すべての情報(メタデータ)」のこと。撮影日や画質設定だけでなく、恐ろしいことにGPS(住所)まで含まれる。

Twitterでは自動的に削除されているが、何かのエラーでUPされてもこまるので心配症な僕は、Exif情報も徹底的に削除している。

Exif情報って?

例えば、以下はGPSをONにした状態でスマホ撮影したもの。見事に「GPS」が表示されている。経度や緯度、高度の数値を計算するとドンピシャで住所が特定されてしまう。

 

EXIF情報の写真

PCで確認してください。

STEP.1
画像ファイル」を右クリック
STEP.2
プロパティ(R)」をクリック
STEP.3
詳細」タブをクリック

※ GPS情報が含まれない場合は表示されません。

今度はツール(Photo Secure)を利用してMAPを見てみる。以下のようにドンピシャでMAPが作成された。家で撮影した場合、自宅の住所まで特定されてしまうのだ・・。

 

EXIF情報の写真2

 

TwitterではExif情報が自動的に削除されますが、自己防衛としてしっかり設定しておくと安心だね。

iPhoneで設定してください。

STEP.1
iPhoneの「設定」をタップ
STEP.2
位置情報サービス」がONの状態で下にスクロールし「カメラ」をタップ
STEP.3
カメラの「なし」を選択

※「このAppの使用中のみ許可」を選択すると、自動的にGPSが含まれるので注意。

STEP.4
位置情報サービス」をOFFにする

※普段は「位置情報サービス」をOFFにしておき、必要に応じてONにすると2重の意味で安心。

SNS用に「サブスマホ」を所有する

サブスマホのイメージ

身バレしない究極はスマホを2台持ちしてSNS専用のスマホをもつことだろう。これなら設定をミスろうが100%安全だ。

Instagramもそうだが、これからのSNSは確実に知り合いにバレやすい仕様になっていく。Googleもそうだが、これからのネット社会ではどんどん匿名性が失われていく。この流れは止められない。

スマホを2台持つと、Sim料金などが別途でかかるので、面倒ではあるが・・。今後本格的に切り分けていくようなら僕も検討していきたい。

最後に

今回はTwitterで身バレしない方法をまとめてみたが、いかがだったろうか?

ナラコウタ

基本的にPCでツイートする分には限りなく安心だ。

スマホではアドレス帳により、リスクは幾分UPする。上記の通りしっかりと対応していこう。

まだまだ、何をツイートしたらわからないが、ナラコウタ(@NaraKota)でスタートしたので、よかったらフォロー宜しく♪