ブログは何を書けばいいの?|誰でも始められるBLOG運営術とは?

ブログにためになることなんて書かなくていい|はせおやさい

本日レビューする書籍は、はてなブログの人気ブロガー「はせ おやさい(id:hase0831)」さんの電子書籍『ブログにためになることなんて書かなくていい』です。

自信が持てない女性が、「自分を知るためのツーツ」として自分が日々感じる心の葛藤や、嬉しいこと、感謝していることなどをネットに残すためにスタートしたブログ「インターネットの忘却禄」。その運営を続ける中で日々体験する嬉しいこと、悔しいことなど、ブログ運営にとって大切な心構えについて語りつくしたような内容となっています。

ブログを始めたいけど、何を書かけばいいの?」といった疑問に対して、もっと気軽に挑戦すること、考えすぎる必要が無いことを伝えてくれます。タイトル「ブログにためになることなんて書かなくていい」に惹かれた方はサラッと読めるサイズの本ですのでぜひチェックしてみていかがでしょうか。

本書は「Kindle Unlimited(30日間完全無料)」にて見放題となっています。

この『ブログにためになることなんて書かなくていい』で学べるターゲットとしては、「日記としてのブログを始めてみたい人」でしょうか。SEO系の専門的な情報ではなく、いかに日々の心の中の声を言葉としてブログに紡いでいくか、それがいかに自身の成長につながるのか、ひいては人の為になるのか、ブログの醍醐味を語りつくすような内容ですね。

「はてなブログ」や「アメブロ」のようなコミュニティー型ブログを始めてみたい方にはドンピシャな内容となっています。

著者のはせお やさいさんは結構赤裸々な心の中を語ることも多いのでファンも沢山できるのでしょうね。ただ僕の中でどうしてもネックになるのが、「身バレ」するという心配です。多くのブロガーも周囲にバレてサイト運営を辞めよかと悩む人は多いですですからね。

SEO中心のブログを運営されているかたも、何気ない日常のコラムをどんどん投下していこう!なんて思うこと必須ですね。結局ブログは楽しくなければ続きませんから….そんなこれからの楽しみも教えてもらったような気持ちです。

最後に著者は「人生はよくできたクソゲーだ」という言葉が好きなんだとか。みな手持ちのアイテムは違うし、強みも弱点も違う。強みや弱点もブログに書き溜め、いつか自分を知るためのツールとして利用する。人生における悲しい、辛いストーリーも後で自分を肯定してくれる材料になってくれるかもと。

記事ネタに困っている人だけでなく、人生を一歩まえに進むためのツーツとしての活用法….。ブログ運営に行き詰まっている方には大きなヒントになるのではないでしょうか。

本書は「Kindle Unlimited(30日間完全無料)」で読み放題となっています。