上位表示する「WEBライティング(SEO)」のコツとは?

稼ぐためのwebライティング: seoで検索上位を取る記事の書き方 初心者からのアフィリエイト攻略本

「どんな記事を書けばGoogleに評価されるんだろう・・・?」

闇雲に記事を量産するのではなく、効率的に記事を制作するには上位表示されるSEOの知識が欠かせません。

今回読んだのはライターを常時30人を抱え、SEOライティングを体系立てている「なにわ」さんの電子書籍『稼ぐためのwebライティング: seoで検索上位を取る記事の書き方 初心者からのアフィリエイト攻略本』です。

特別な才能は必要なく、知識として実践すれば誰も実践できる再現性の高いライティング術となっています。

あとで気づいたのですが、先日読んだ「1日100PVで月収20万⁉稼げる「ブログキーワード」の決め方とは?」と同じ著者の方でした。そちらは少ないキーワードで大金を稼ぐ「キーワード選定術」となっているのでぜひ合わせて読んでみてはいかがでしょうか。

 本書はAmazonの電子書籍サービス「Kindle Unlimited」にて30日間完全無料で楽しめます。人気漫画から雑誌、注目の書籍まで200万冊以上が完全無料!お試ししない理由がみつかりません!

Kindle Unlimitedの無料体験(30日間)はこちら

『稼ぐためのwebライティング: seoで検索上位を取る記事の書き方 初心者からのアフィリエイト攻略本』の主な内容

本書『稼ぐためのwebライティング: seoで検索上位を取る記事の書き方 初心者からのアフィリエイト攻略本』はSEOライティングの基本の全てが収められています。10分で読めるシンプルな書籍ではありますが、重要な要素がギュギュッと凝縮されています。

基本でありますが、見落とされがちな情報も解説していますので、復習のつもりで楽しめるのではないでしょうか!

①:検索者のキーワードにしっかりとアンサーを返す

Googleは検索ユーザーに対して正確なアンサーを回答しているページを上位表示しています。逆にアンサーがズレていると評価が落ちてしまうという点を注意しなければなりませんね。このアンサーでは記事構成も含まれます。

②:ライバルよりも質の高い記事を書く方法

上位表示されるためには既存のライバルよりも質の高い記事を書かなければなりません。そのために必要なライバルチェックなどに関して解説しています。

③:質の高い記事は「主張→理由→根拠→具体例→主張」で構成される

検索ユーザーに納得してもらうには論理だった記事構成が必要になります。「主張→理由→根拠→具体例→主張」の流れこそユーザーの心をつかむ流れであるとのこと。ここにはしっかりと例文と共に解説されているので理解できるまでしっかりと身に着けたいですね!

④:オリジナリティの高い記事を書く

記事の情報を集めて記事を書いていると、どうしても「辞書」のような堅物記事が完成してしまいがちです。こうした読みにくい記事を回避するには自分の意見や体験談をはめこんでいくことが重要とのこと。このあたりもしっかり解説されておりまして改めて勉強する機会となました。

最後に

10分程度で読めてしまう内容ですが、ライティング術の全てがギュッと詰め込まれた内容となっています。

長年、記事を書いている人でも意識的に知恵袋などの生の声を集めて記事作りしていますでしょうか?王道ではありますが、見落とされがちな基礎も含め、意識しなければならないライティング手法がこれ一冊で簡単に身に着けられます。

最近は、このような素晴らしい電子書籍がKndle Unlimitedパパッと読めるようになりました。まだ試していない方は完全無料でお試しできますので是非、体験してみてくださいね!

 本書はAmazonの電子書籍サービス「Kindle Unlimited」にて30日間完全無料で楽しめます。人気漫画から雑誌、注目の書籍まで200万冊以上が完全無料!お試ししない理由がみつかりません!

Kindle Unlimitedの無料体験(30日間)はこちら